TBS『マツコの知らない世界』読み聞かせ絵本の世界にて紹介!「はらぺこあおむし改訂」

TBS『マツコの知らない世界』読み聞かせ絵本の世界にて紹介!!

『はらぺこあおむし』


TBS『マツコの知らない世界』読み聞かせ絵本の世界にて紹介!「はらぺこあおむし改訂」


世界中で愛されている、エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』。
暖かな日曜日の朝、たまごから生まれたのは、ちっぽけなあおむし。
あおむしは、お腹がぺっこぺこ。食べものを探しに出たあおむし、
月曜日にはりんごを一つ、
火曜日にはなしを二つ。
まだまだぺっこぺこのあおむしは、水曜日にすももを三つ、
木曜日にはいちごを四つ食べ…。
たくさん、たくさん食べたあおむしは、すっかりふとっちょ!
やがて、あおむしはさなぎになり、何日も眠ったあと、それは美しいちょうちょに変身したのです。
小さなあおむしが、卵から幼虫、さなぎ、蝶へと変化する様子を描いているのですが、
単なる知識絵本では終わりません。
一つ目のポイントは穴の開いたしかけのページ。
これが、まだお話を理解できない小さな子どもたちやあかちゃんをも虜にしてしまうのです。
指を入れたり、めくったり。こうして絵本に親しむきっかけにもなっているのですね。

二つ目は、力強いストーリー。
ちっぽけだったあおむしが、ぐんぐん大きくなっていき、
最後には美しいちょうになるという展開は、
何度読んでも元気と希望をもらえます。

三つ目は、エリック・カール作品の大きな魅力の一つでもある美しい色彩!
子どもたちの大好きな食べ物はどれも美味しそうに描かれ、
あおむしを見守るおひさまは優しく描かれ、
ちょうちょはうっとりするほど美しく描かれています。

コラージュの手法により描かれるその世界観こそが、
登場する全てのキャラクターを生き生きと輝かせているのです。

更に数字や曜日、一日の始まりと終わりが登場したりと、
年齢を経てもずっと味わえる内容になっているのも、
ロングセラーとして愛され続けている理由なのかもしれませんね!