スッキリ!!で紹介☆ 千の手の無窮の広がり 千手観音 / 仏像アート 奈良時代に造られた国宝 千手観音立像

ごきげんよ〜img_654150_7449005_1.gif

スッキリ!!で紹介

千の手の無窮の広がり 千手観音 / 仏像アート

奈良時代に造られた国宝 千手観音立像

どこまでも造り込まれた究極の造型

妥協のない造形を目指し、

頭頂の化仏や持物など、

74にも及ぶパーツの全てを原型から起こす。


本像のモデルは奈良時代に造られた国宝 千手観音立像。

頭頂に如来相、周囲に菩薩相5面、憤怒相3面、大笑相1面の十面を頂き、

眉間には第三の眼が与えられる。

造像当時は扇のように広がる仏手が千本造られていたが、

現在は大脇手42本、小脇手911本の953本のみが遺る。

木心乾漆(もくしんかんしつ)像としてはわが国最大でありながら、

全体に動きを抑えた姿には美しい調和が感じられ、

千手観音の慈悲の広がりが見事に表されてます。

こちらから購入できますよ



こちらもおススメ

木彫仏像千手観音立像総高140cm桧木淡彩色

木彫仏像千手観音立像総高140cm桧木淡彩色
価格:750,000円(税込、送料別)




リビングの置きものにいかが01HyK.gif




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。